【但馬の駅シリーズ/養父駅】養父駅ってどんな駅?ちょっと歩いてみました!!

早くやりたかった但馬の駅シリーズ。第一弾は養父駅です!!

養父駅はドコ?

地図にて確認しました。

JR山陰本線になります。 残念ながら、周りで遊ぶところは何もありません…

養父駅ってどんな駅?

めっちゃ、久しぶりに来てしまいました。 何年ぶりだろうか。

たまに利用していたのは35年前。

車の免許を取ると、利用しないもんなあ…

外観はそれほど変わってないと思います。

昔は、ここに駅員さんが居て切符も買うことが出来ました。

いつの日からか、こんなふうに無人駅となってしまいました。

昔に比べ学生も 少なくなったからなあ。 ここも変わってないから、懐かしいいね!!

時刻表は?

昔も、こんなもんだったかな?上り・下りとも平均で1時間に1本です。

都会なら10分に1本くらいでしょうか。

電車の運賃は?

以外と電車も安くオトクですね。

例えば、姫路に行こうと思えば播但道だけで1300円くらいかかると 思います。

当駅より上は梁瀬、下は城崎の隣の竹野、播但線は生野までの 駅はレポートしたいですね!!

ホームへ!!

この跨線橋で、ホームに向かいます。 当然、途中に売店などありません…笑

ホームに行くと。

左は和田山へ

右は八鹿へ

都会の人は、「はちしか」って読む人も多いですが「ようか」と言います。

あっ、地名は読めなくても恥ずかしくないんですよ^^

ホームに待合室があります。

確かエアコンないんだよなあ。

夏は暑く、冬は寒い… あっ、ちょっとここ見て!!(反対側ね)

ここから先は、35年前と同じだよ。

ちょっと感動しました。恐らく電車自体の車両が少なくなったので、

ここから先に行く ことは無いんだろうね。

すぐ横には、除雪機能がついたレールを運ぶ汽車でしょうか?

ちょっと運転してみたい。これなら出来るかも!

電車でGO!!で鍛えたし(笑) で、20分ほどして電車が入ってきましたが、

利用者は学生だけですね…

まとめ

この養父駅は、1時間に上り・下りで各1本。

駐車場は無かったと思いますが、ちょっと待ってるくらいなら、

駅の正面に止めても 大丈夫だと思います。

バスは通ると思いますが、タクシーはありません。

駅前に昔は旅館があったような記憶がありますが、今は無いのかな…

喫茶店も、ショップもタクシーもない。

電車も1時間に1本だけど、私はこの田舎が 大好きです!! これからも、

そんな田舎駅をレポします!!

     

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする