【創刊号】hachette 西部警察 MACHINE RS-1を組立てる!!

ご無沙汰しております。

週刊シリーズ!!今日からhachetteのRS-1で復活します!!

今回は、ボンネットを組立てます。

【創刊号のパーツ確認】

創刊号のパーツはこちら!

スタートアップDVDも付属しています。多分、見ませんが^^;

創刊号にしては、驚きがありません。もっと豪華さが欲しいところですね(笑)

ニスモが豪華すぎたんで、創刊号は期待してしまうんですよね。

さて、早速製作していきます!!

【創刊号の組立て開始】

最初にボンネットにボンネットエアスプリットを取付します。

ここは、接着剤を爪楊枝で付けていきます。

これ、パチン!!と綺麗に付くんですが、このように隙間が空いています。

ニスモで使っていた瞬間接着剤が古いのか、手で押さえても、なかなか

付きません。

あっ、ここでヒラメキ!!

ハンダゴテで溶かして付けようと思いました。

作戦成功。

絶対に外れないと思います。

結構、カンタンでした。

完璧です^^v

次にエアアウトレットの取付です。

もちろん、ダイキャストですよ。

そして、ボンネットへ取付です。

裏側からネジ止めになります。

ネジ、ちさ(小さい)。老眼なので、肉眼作業がギリギリでした(笑)

【創刊号の完成】

このスカイラインのSマークが懐かしい。

ここのレーザー印字、かっけー!!

このナンバープレートは、今回出番はありませんが、これもリアルに

出来ています。

————————————————————-

・組立て前の期待度:★★★★

・品  質    :★★★★

・満足度     :★★★★

※5段階評価

・これまでの費用 299円

工具類、バインダー含む、追加パーツ含まず。

————————————————————-

【次回の予告(2月10日)】

2号は、豪華版ですね。

いつまで、豪華が続くやら…

でもhachetteさん、期待してますよ!!

 製作にあたり

このRS-1は、YouTubeで知りました。

見た瞬間ですね。これは絶対に作りたいと思いました。

西部警察は、小学校の時だったと思います。このスカイラインRSの黒・赤ツートン見て

何てカッコいいんだ!!当時は、衝撃的でしたね。

ここからですよ、スカイラインが好きになったのは。

大門さんのJAPANは興味なかったですが(笑)

ドラマのセドリックのパトカーは、よくぶつけてボコボコになるが、なぜかRS-1は

ぶつからない。(笑)あぶない刑事のレパードのように、刑事ドラマのあるあるですね。

完成までに2年かかりますが、挫折しないで頑張ります!!

キッシ-!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする