【但馬の駅シリーズ/玄武洞駅】玄武洞駅ってどんな駅?ちょっと歩いてみました!!

但馬の駅シリーズの第二弾は玄武洞駅です!!

玄武洞駅はドコ?

地図にて確認しました。

JR山陰本線になります。 周りには、喫茶店などのお店はありません。

円山川の向こう岸には玄武洞ミュージアムがあります。  

玄武洞駅はどんな駅

僕は、玄武洞駅に来たのは初めてなんです。

そこで玄武洞駅の歴史について調べてみました。

玄武洞駅は、1912年に玄武洞仮停車場として開業しました。

そして6年後の1918年に通年営業として玄武洞駅になりました。

しかし利用者の関係でしょうか、残念ながら1970年に無人駅となってしまいました。

今はありませんが、昔は自動券売機もあったようです。

1日の利用者数は、2016年で一日平均32人です。

さて、駅の待合室はどんな感じなんでしょうか?

ゴミ箱と一人掛ベンチが3つあります。

自動販売機は、無かったと思います。

ちょっと寂しいけど、都会の人、人、人、人だらけの駅よりもこんな田舎駅もいいですよ!

これが時刻表ですね。

平均すると平日だと1時間に1本でしょうか。

城崎方面の下りは本数が少ないですね。

この地域は、詳しくありませんが高校に行くなら豊岡になるんでしょうね。

ホームの方へ行ってみました。

上りが豊岡で、下りが城崎温泉ですね。

城崎駅も、いつから城崎温泉駅になったんだろう?

おっ、城崎方向から普通列車が入ってきました。

この列車からは1人の方が下車されました。

少し離れたところに車が一台止っていたので、恐らく家族の方でしょう。

やはり、この辺は車がないと不便だと思います。

ちなみに、玄武洞駅に駐車場はありません。 これが2番線乗り場です。

通常は1番のりばを上下本線として、2番のりばは副本線となり、

この2番のりばは列車待ち用となります。

一旦、駅の外に出てみましょう。

これが駅全体の写真です。

すぐそばには、バス停もあるのでバスで移動するのも手段ですね。

こちらが豊岡方面の上りのバス停です。

下りのバス停とは違い、しっかりとした作りになっていて台風や寒い冬でも大丈夫(笑)

列車で豊岡駅に行けるのに、なぜ豊岡駅行きのバスがあるんだ(笑)

あっ、途中でいくつもバス停があるんだろうなあ。あまりバスに乗らないもんで^^;

玄武洞に行くには?

玄武洞駅を利用される人は、玄武洞に行かれる方もいるでしょね?

そんな方のために!! 駅の坂を下りて左を見れば、こんな光景が見えます。

そのまま、真っ直ぐ進んでください。

渡し船の運航時間は決まっていません。

電話をかければ、迎えに来てくれるようですね。

こちらが、のりばですね。

ここから、あっちへ!!

少しの時間ですが、ステキな船旅を… こちらが、玄武洞になります。

http://tajimachannel.info/genbudou/ ぜひぜひ、行ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする