【但馬の駅シリーズ/青倉駅】青倉駅ってどんな駅?ちょっと歩いてみました!!

但馬の駅シリーズの第五弾は青倉駅やで!!

みんな、但馬にある青倉駅しっとるかあ?

今回は、但馬弁で記事を書いていくでな。

普段の会話のような感じで書くで気悪くせんとってな^^;

(今回お試し)

青倉駅ってどこにあるん?

地図やと、ここやなあ。

青倉駅は、播但線で竹田と新井の間にある駅なんや。

駅の周辺は、金物屋さんとジュースの自動販売機があるくらい。

青倉駅の駐車場は?

基本、駐車場は無いみたい。

ここの画像は、月極駐車場やで止められへんで。

駐めれるとしたら、電話ボックス前なら、ちいとは駐めれるかもなあ。

家族をちょっと待つくらいなら、怒られへんと思うけどなあ。

駐輪場も、ないみたいやで。

2016年のデータやと1日50人くらい、この駅を利用しとるみたい。

この中には、学生もおるやろうに。

駐輪場くらいは、欲しいなあ(あったら、ごめん…)

おっ、写真の右側に自転車が…これは!?気がつかんかった。

青倉駅って、どんな駅?

ここは、福崎駅管理の無人駅なんや。

昭和9年に開業した当初は駅員がおったようやけど、昭和48年に完全無人化になったみたい。

今の駅舎は、平成11年に出来たようなんで、比較的綺麗やと思う。

驚いたのは、線路が一本しか無いんや、これ上りと下りがぶつからんやろか?

子供に聞いたら、竹田と新井で待ち合わせするみたい。そうやろうなあ…笑

青倉駅を歩いてみた

今までの中では、一番小さい駅やと思う。

赤いコーンの前に電話ボックスがあるんや。

実際、この辺で列車を待ってた人がおったわ、車でな。

観光案内板は、ちいと見にくいわな。

色あせとるわ。

けど、どこに何があるかは、なんとなく分るんで参考までにな。

 

待合室は、こんな感じやで。

田舎駅って、言うたら怒られるかもしらんけど、この駅の待合室にいたら、つい知らない人でも話しかけてしまいそうにならんかなあ?

ちょっとフレンドリー的な感じで。笑

「どこに、いきんさるん?」

「ああ、和田山か?わいと一緒やん」

てな感じで。^^;

わいは、好きやで。こんな駅、落ち着くわ。

京都や大阪みたいに人がようけおったら、すかんわな。

これは、ホームから見たところ。

お約束の看板

んで、こっちが和田山(竹田)方面やで。

で、こっちが寺前(新井)方面やな。

乗場が分かれてないで絶対、列車は間違わんなあ。笑

時刻表は、これ。

少ないなあ。

子供も、生野で乗り遅れたら1時間待たなあかんって言うもんなあ。

運賃表はこれ。

切符は駅では買えんで汽車の中で買うんやで。

まあ、今回こんな感じで歩いてみた。

実は、この青倉駅に来たのは初めてやったんや。

昔に利用していて、懐かしいと思った人がおったらコメントちようだいな。

それが、わいのモチベーションになるんで。

次は、新井駅か竹田駅を歩くでな!!

んじゃ、また~♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする